toggle

About me

Photo by Nozomu Ishikawa

初めまして代表の海老根です。Pep cyclesに興味を持っていただきありがとうございます。

まず最初に自己紹介を、
41歳、男性、身長176cm、体重72kg、自転車歴はかれこれ30年程です。自転車にハマった切っ掛けは小学6年生の頃、地元にサイクリングクラブができて最初のツアーの房総半島一周3泊4日サイクリングに参加したからでした。山を登り海に出てまた山を登る一日80kmちょっと道のりでしたが峠を越え海に出たときの胸の高鳴り、こんな所まで自転車で来たんだという驚き、ツアーを走りきったときその達成感にすっかりヤラレ、楽しさにどっぷりとはまってしまいました。高校生になってからは片道25kmを自転車で通学、当時ブームだったMTBでレースに参加、ツーリングなどを楽しんでいました。卒業後は自転車店、バイシクルメッセンジャーなどで働き、全日本シリーズ戦に挑戦、30代は自転車メーカーに勤務していました。ロード、ピスト、シクロクロス、マウンテンバイク、BMXなどなど色々な自転車に乗り所有してきました。それぞれ楽しかったのですが、子供が生まれ30代後半になり自分が乗るにはどれもオーバースペックで専門的過ぎるなと感じる様になってきました。その頃ぼんやり考えていたのがこのPep cyclesでした。具体的に準備を初めてから約2年が立ちましたがやっと皆様にご提案できる自転車が完成しました。

Pep cyclesのコンセプトは長く使え、使う人の好みで様々なカスタマイズができるということ。年齢や経験、生活環境、地域性によって最適な自転車は変化するのではと考えています。誰にでも乗りやすく色々な使い方ができること、例えばキャリアやカゴを付けお買い物や通勤用にカスタムしたり。タイヤのサイズ、太さ、パターンを変更して舗装路や山道など場所に合わせ快適に走れるようにしたり。外装変速や内装変速などを走り方、使い方に合わせて変更する事も可能です。

NS-D1用に設計したエンドパーツはストレートドロップでありながらディスクブレーキの装備を可能にしています。ストレートドロップを採用する事で、シングルスピード、11速等の多段変速、内装ハブなどさまざまドライブトレインの使用が可能になりました。また、ディスクブレーキを採用した事で650b(27.5)、700c(29)双方のタイヤ規格に対応しました。これにより好みや路面状況にあわせ最適なタイヤ、サイズを選べます。フレームはクロモリ製で、軽量では有りませんが丈夫で長く乗る事ができます。もちろん泥よけやキャリアなども装備できるようダボ穴もついています。

どこにでも行けて、何にでもなれる。その時の乗り手の思い描く理想の自転車にカスタマイズができる。そんな自転車がPep cyclesです。

2017年11月11日
株式会社BWH
www.pepcycles.com

error: Content is protected !!