Model: NS

Pep cyclesとは
Pep cyclesのコンセプトは”永く乗る=永く使う”という事。

丈夫なクロモリという素材をフレームに使い、色々なカスタムに対応できるよう設計しました。その時々、乗り手の思い描く理想の形に変化させながら使い続けられる自転車。それがPep cyclesです。

現在のモデルは3種類以下の様になります。

NS-FS:2019年6月発売 ¥75,000(税抜) フレーム&カーボンフォークセット
NS-S1:2019年4月発売 ¥105,000(税抜) 完成車
NS-D1:2018年4月発売 ¥92,000(税抜) 完成車 在庫限りで販売終了

 

Model: NS
チェーンステーに小さく書かれた”Model: NS”の文字。意味はNarrowとShort。27.5 x 2.0程度のタイヤが装備可能なクリアランスとドロップハンドルの使用を考慮したトップチューブ長。この二つを前提条件としたオールラウンドなフレームをNSと名付けました。

完成車のNS-S1はリラックスした姿勢で、自転車に乗ることを楽しめるようハンドルにスワローバーを採用し、シンプルなシングルスピードとしました。

細かくパーツを吟味したい人にはフレームとカーボンフォークのセットNS-FSがオススメです。

 

Rear Endリアエンドとはフレームに後輪を取り付けるための部品で精度と強度が必要な重要なパーツです。Pep cyclesではオリジナルのリアエンドを設計し採用しました。このエンドは6mm厚のクロモリ板からレーザーカットで作成され、非対称デザインとなっています。右側はディレーラー、左側はディスクブレーキキャリパーの取り付けを考慮し最適化されるようにデザインしました。このリアエンドよって変速機能を追加したり、フェンダーやリアキャリアなども取付可能です。

  • トラックエンド
    競輪の自転車や、一般車などでも採用される方式です。ホイールが前後に動くので変速無いシングルスピードや、内装変速機を取り付ける事ができます。
  • ディレーラーハンガー
    外装式変速用の変速機を取り付けが可能です。
  • スライダーディスクマウント
    トラックエンドによってホイールを前後に移動させる事ができます。同時にホイールに取り付けられたディスクブレーキのローターも動きます。ブレーキキャリパーの位置が最適になるよう移動させる事ができます。
  • ダボ穴
    フェンダー、リアキャリアが取り付けできるよう片側2カ所(左右4カ所)のダボ穴が有ります。

 

Tapered Head
ヘッドパイプには現在主流になっているテーパードヘッドを採用しました。ハンドル周がしっかりた事でラックやキャリアを取り付けてもしっかりとしたハンドル操作が可能です。また、シンプルな見た目になるよう、ヘッドセットは上:EC34、下:EC44としました。

 

Drawing
いろいろな遊びに挑戦して欲しいと考えフレームを設計しています。安定感を重視し自然に曲がれるようなハンドリング、重心などに注意しながら設計しテストして完成したのがNSです。また、ディスクブレーキを採用した事で27.5(650b)と700cの双方のタイヤサイズに対応しました。使い方、走る場所に合わせてタイヤサイズを変更する事も可能です。街乗りから本格的なシクロクロスやグラベルライドまで幅広く使う事ができます。

 

Treatment
クロモリはとても良い素材なのですが鉄の合金なのでサビてしまうという欠点がありました。これを防ぐために自動車の下地などにも使われる塗装方法でパイプの内部などすみずみまで塗装し防錆しています。さらに熱処理を施すことで溶接により発生する残留応力を除去しました。これらの下処理により永い期間良い状態を保つ事が可能になりました。

 

Product lineup
NS-FS:2019年6月発売 ¥75,000(税抜) フレーム&カーボンフォークセット
NS-S1:2019年4月発売 ¥105,000(税抜) 完成車
NS-D1:2018年4月発売 ¥92,000(税抜) 完成車 在庫限りで販売終了

 

Size
NSは身長に合わせて3サイズを用意しています。適応身長は概ね以下の様になります。

  • 470mm:身長155cm〜165cm
  • 520mm:身長165cm〜175cm
  • 570mm:身長175cm〜185cm

error: Content is protected !!